初心者はまず月5万円を継続的に稼ぐことを目標にしましょう

FXは人それぞれトレードスタイルや手法がありますが、どのようなやり方でも「待つ」というのがとても重要ではないかと思います。
この「待つ」というのが、とても大変で精神的にかなり負担のかかるものです。
しかも「待つ」といっても当然ただボケーっと待っていればいい訳ではなく、相場の状況を見て、エントリーのタイミングや利食いや損切りといったエグジットのタイミングを計りながら待たなければいけません。

もちろんベテラントレーダーになればある程度余裕はあると思いますが、初心者やうまくいっていない人だと相当な精神的な負担を感じているのではないでしょうか。
その精神的な負担から逃れたいが為に不用意にポジションを持ってしまういわゆるポジポジ病が発症するのでしょう。
おそらくポジポジ病の方も気づいてはいるのでしょうが、それでもついついやってしまうのがポジポジ病の恐ろしい所ではないかと思います。
それを考えるとこの「待つ」ができるようになる事はトレーダーとして一歩成長する事と考えてもいいのではないでしょうか。

MT4は高い機能性とカスタマイズ性がうりなので「待つ」間の分析するのにはピッタリです。
公正なレートでとスピード感のある取引も同時に体感できることで、世界中のシステムトレーダーから圧倒的な支持を得ています。
出典:メタトレーダー4(Metatrader4) -MT4を徹底検証 | FX比較マネー

FXというのは簡単に言えば安いときに買い、高いときに売るを繰り返すことで利益を出していくというものだと思います。
普段100円のリンゴが70円で売っていたので買い、リンゴに価値が出始めて120円になったときに持っているリンゴを売ると差額の50円が利益になるという感じだと考えています。
しかし、70円で買ったリンゴが20円になると50円分損をしてしまいますよね。それが一個ではなく10個100個だとその分損益が大きくなると。
そしてユーロ円でポジションを持っていたとして、平均的な価値を知らずに買ってしまえば、高い水準の時のポジションだったためマイナスになっています。

FXの投資はレバレッジをかけて取引をすることができることから、取引しようとする人の大半はお金をたくさん稼ぎたいという思いを持っています。
そのようなことからこの投資を始めた当初から月に数十万円単位の額を稼ごうと意気込んでしまいます。

しかし外国為替の取引は一般の人だけでなく仕事で取引をしているプロの人も存在します。
そのようなことから初心者が取引を始めていきないたくさんのお金を稼ぐことはできません。
そしてこれからFXの取引を始める初心者の人はまず月5万円を継続的に稼ぐことを目標にするといいでしょう。
このくらいの額であれば基本的な取引技術を身につけることができれば十分実現することは可能です。

また月5万円では物足りないと考える人も少なくありませんが、今までよりも月に5万円多くもらうことができれば、ワンランク上の生活をすることが可能でしょう。
月5万円多くもらえるということは年に60万円収入が増えるということになり、会社でこのくらいの昇給をするのはなかなか難しいことを考えると十分な成果であると言えます。

FXを基本から学んで取引します、ゆとりあるトレードを心がけよう。

投資をしたいと考えていたので、手軽にできる投資はないかなと探しているとFXは人気があるようですし、パート仲間もFXはやってるよ~と休み時間に話題になり、取引している金融機関など色々と詳しく聞いてみました。
やはり気になっていたのでなるべく自宅にいながら少額からFX取引ができるところがよいなと思い、色々と探していると初心者向けのセミナーを開催している金融機関があったので参加してみることにしました。

今はFX専門業者だけではなく、証券会社やネット銀行など数多くの会社がFXを取り入れています。
参考:FX初心者のための業者比較

初心者にもわかりやすいような説明で、口座開設から一連の流れが理解できたのでこちらで口座開設することにしました。
元本割れが少ない取引を検討していたので無理ない範囲で取引でき、また自動売買システムをパソコンにインストールして設定も簡単にできるので自分で色々と考えず取引ができるのも魅力たっぷりです。
設定方法には参考例が掲載されているので同じような値に設定して取引を行うことにしました。スワップポイントなども自動で行うので無理なくできます。

FXは色々な取引手法があります。
短時間で売買を繰り返すスキャルという方法、一日の中でトレードを考えるデイトレなどありますが、短期間でのトレードは、やはりメンタル的にしんどいものがあると言えるでしょう。
少し逆にいったら損切してしまい、損切貧乏に陥ってしまう危険性も大きいです。

初心者の方におすすめしたいのは、長期的なトレードです。
そのためには証拠金の範囲内でゆとりを持ったポジションを持つように心がけなくてはいけません。
証拠金に対し、ハイレバなポジションをとってしまうとすぐにロスカットに掛かったり、精神的にも悪い影響を及ぼします。

多少の為替変動ではロスカットに掛からないポジションを持ち、スワップ狙いで長期間保有するくらいの気持ちで取引することを初心者の方にはおすすめしたいです。

為替相場は週末以外は毎日24時間動いているので、無理なポジションを持ってしまうと為替のことしか考えられなくなり、仕事や私生活にも支障をきたす恐れがあるので、ゆとりあるトレードが鉄則です。

しかし最近、調子に乗って売買をしていたらFXで痛い目を見ました。
それ以来すごく慎重に売買をするようになってかなり勝率が良くなりました。
失敗をしたのはショックが大きかったですが、失敗から学ぶことが出来たのは良かったです。

FXはレバレッジをかけて大きく勝負することが出来るのでやっぱり慎重にやらないといけません。
勝ってばかりいたので、気が大きくなってしまって適当なトレードをしたら大ヤラレをしてしまいました。

今後は出来るだけ失敗を減らすようにしたいですし、気を緩めずに売買をしていけるといいです。
慣れて来るとどんどんトレードをしてお金を稼ぎたくなるのですが、FXはそんなに甘くないので集中して売買をしたいです。

ちゃんとロスカットのポイントを考えるようにしたいですし、絶対に大丈夫だなんて安易に思ったりしないように気をつけたいです。
集中している時は上手くFXをやれていますし、お金を増やしていくことが出来ているので、調子の乗らないようにしたいです。

取引に自信のない人はスプレッドの狭い業者を選びましょう

FXの取引を始めるためにはトレードするために必要な証拠金を口座に預ける必要があります。
なぜならこのお金を担保にしてFXのトレードをすることになるからです。
そのためFXの取引を開始する前に必ず口座を作成しなければなりません。
現在FXの取引をするための口座はいろいろな業者で作ることができます。
そのため自分の取引に合った業者を選択するといいでしょう。

そしてあまり取引に自信のない人はスプレッドの狭い業者を選びましょう。
なぜならこのような人は少しでも有利な環境で取引する必要があるからです。
FXの取引をする場合、外貨預金をする場合とは違い、手数料はかからないのですが、唯一スプレッドとして数銭程度かかってきます。
取引をする時通過ペアのレートが二つ表示されていて、数値が相違していますが、この差がスプレッドとしての手数料です。
そのため少しでも狭い業者を選択して取引をすれば、その分有利に取引をすることができます。

そしてスプレッドの狭い業者はいろいろあるので、自分が気に入った業者を選択することで問題ありません。

デイトレかスキャルピングで取引するメリット

FXにはいくつかの取引方法がありますが、自分に適した方法でトレードすると利益を出しやすくなります。
そしてあまり世界の政治や経済などの知識や為替の取引をした経験のない人はデイトレかスキャルピングの方法で取引をするといいでしょう。
なぜならこれらの方法でトレードするメリットがいくつかあるからです。

そこでデイトレやスキャルピングの方法で取引するメリットとしてあげられるのがまず短期間で利益を出せるトレードができるようになることです。
これらの方法で取引をする場合、基本的にチャートを利用することになるのですが、基本的なものであれば覚えるのにそれほど時間はかかりません。そのためすぐに実践に使うことができるので、短期間で利益を出せるようになります。

それからポジションを保有している時間が短いので、日頃からヒヤヒヤすることもありません。特に仕事をしている時にポジションのことでいろいろ考えてしまうと悪い影響が出てしまいます。そのためデイトレやスキャルピングで取引をすることによってその悪い影響を排除できます。

ネットでFXを始めるには

FXを始めるにあたって、気をつけなければならないことがあります。
まずは運用資金をしっかりと確保する必要があります。
手持ちのお金がなくなり、借金をしてしまうケースも少なくありません。
実際に運用に使う資金の二倍は最低でも用意しておいたほうが良いです。

初心者であれば、まずはデイトレ、スキャルピングといった短期で運用することをおすすめします。
もちろん勉強も必要ですが、取引を重ねていくうちにFXとはどういったものなのか勘が養われます。
次は証券会社を決めます。
証券会社はいくつかありますが、選ぶポイントとしては手数料がないこと、スプレッドが狭いことが決めてとなります。
デイトレやスキャルピングで運用する場合、一日で何度も取引を行います。
取引の度にお金を取られていては元の子もありません。
できるだけ少ない経費で運用していきたいところです。
また、その証券会社が出しているスマホアプリがあれば外出中でも取引が行えるのでおすすめです。

気になる FXの自動売買をやってみました

FXをやっていて、自分の弱点は自分で決めた売買ルールを自分で守らないということにあることはわかっていました。
FXだけではなく、以前に挑戦していた株式投資でも同じことを繰り返していたからです。

そうなると自動売買をやってみてみることが自然の流れと言っていいと思いますが、やってみて感じたことがあります。
それは完全に自分の感情を入れずに機械的に売買することは必ずしも勝つというわけではないと思いましが、負けが少なくなることも確かなようです。
確率論で勝つ確率が高いように売買しているのですからそれはわかりますが、自動売買がもう一つ一般的にならないのはFXの醍醐味がなくなるからかもしれません。

感情を入れずに売買していると負けは少なくなることは確かかもしれませんが、大勝することも少なくなってきます。これは表裏一体の関係なので仕方のないことです。
FXをしている人は多かれ少なかれ大勝を狙っている人が多いでしょうから、いくら理論的でも大勝ちしたい人には自動売買は合わないでしょう。